可能性に注目する

何かのショックな出来事や、喜ばしい出来事など、日々の生活の中では多様なことが起きます。その際の当事者である我々はまた、多種多様な体験をするわけです。

例えば、就職や結婚という人生の大きなイベントを前にしたとき、または、引っ越しや家を建てるなど、多くのことがあります。

引っ越し」という言葉の中には、どのようなイメージが含まれているでしょう。概ね前向きな感じのする言葉でしょうか。若干、後ろ向きな感じのするニュアンスを感じなくもありません。

前向き、後ろ向きということを出しましたが、こうした大きなイベントが起きたとき、そのことが後の人生を豊かにしようとする意味を含んだことである場合があるようなのです。

「心機一転引っ越し」ということであれば、かなり意識にのぼった形での、よりよい方向へ進もうとする意志が感じられます。しかし、「家賃滞納により急な引っ越し」などと聞くと、少し複雑な気持ちにもなってきます。

こうした場合には、引っ越しというイベントは何ももたらさないものなのでしょうか。むしろ引っ越しが悪影響にさえ思えて来ます。

可能性

何かの意味がある

こうした話は決して一般化できるものではないと思いますが、それでも尚、何かの意味がある出来事だったのではないかという視点で眺めてみると、引っ越しが意味深に思えてくることもあるでしょう。

家賃を滞納した理由も幾つか考えられると思いますが、例えば、自動引き落としのために準備した口座の残高が不足していただけということだったかもしれません。支払う余裕があったのにも拘わらず滞納してしまったのです。

これは、大家さんにしてみると非常に悪質な人と見えるかもしれませんが、滞納してしまったご本人の人生という視点から見ると、何かが起きているように思えて来ます。

例えば、家賃を払い忘れているということから想像すると、「多忙」というキーワードが連想されます。ご本人に聞いてみないことにはわかりませんが、もしかしたら、現実的なことに意識が向かないほどに、何かに忙殺されていたのではないでしょうか。

こうしたとき、家賃も滞納してしまったという反省をなさるかもしれませんが、一方で、このイベントは、例えば今後の働き方になにがしかの示唆をもたらす可能性があると考えられないでしょうか。

または、もっと長期的に家賃を忘れるような生活が続いていたとしたらと考えると、体調を崩していた可能性も考えられるでしょう。滞納は意味ある出来事に思えて来ます。

このことをきっかけに、何が自分の人生にとって大事なことであるか、または、どのようなライフスタイルがあっているのか、自分らしく生きるとはどのようなことを言うのだろう、などという問いかけをはじめるきっかけとなるかもしれません。

家賃滞納による急な引っ越しなど避けたいことですが、そのことが物語るもう少し大きな意味が背景には潜んでいるのかもしれません。ここに、よりよく生きることも可能性も含まれているのではないかと感じます。