カウンセリングで何を話していいかわかりません

カウンセリング自体が一体どのような目的で、何のために行われるのもかはっきりしないままはじまることがあると感じています。

カウンセリングをはじめる際に、まず本人の意思を確認することがあり、本人の希望によって開始されるものだと考えています。

時には家族やその他の人のに勧められてという場合もあると思いますが、その場合でも、カウンセリングは強制されるべきではないと考えています。ご意向によっては、カウンセリングを中止することも必要だと思います。

このような前提のもと、カウンセリングで何を話して良いものかについて触れていきたいと思います。

話しだけがカウンセリングではない

無理やり聞くカウンセラーまず、カウンセリングは話すことが望ましい時間ではなく、お越しになった人が自由に使える時間です。時には絵を描いて過ごすことがあってもいいと思っています。

実際、絵や箱庭中心のカウンセリングもあるくらいです。

つまり、必ずなんらかの話題に時間を使わなければいけないというものでもありません。また、語る自由、語らない自由があると言えないでしょうか。

話すことが苦手

次に、何かお話になられることがあるけれど、カウンセラーを前にしてなかなか言葉にすることが難しいという場合もあると思います。

自分の事を語ることは、時に難しさも伴います。自分でもはっきりしていないこともあれば尚更ではないでしょうか。

このような時、当オフィスのカウンセリングでは、話すことがそもそも苦手であることをお伝えいただければと思います。

カウンセラーが質問を投げかける形でカウンセリングが進むことも稀ではありません。

カウンセラーの沈黙

時々、カウンセラーも沈黙しきって、カウンセリングの時間が終ってしまうことがあります。

カウンセリング自体の性質が、来談者中心と言うくらいで、カウンセラーが自発性を奪ってしまわないためということなのだと思いますが、それにして50分もの沈黙は気まずい時間になると思います。

当オフィスでは、もちろん沈黙も大事にする態度は持っておりますが、気まずくて仕方ないということの方こそ気にしています。カウンセリングの時間は、やはり安全であるという感覚が大事だと思います。

1回で終える必要もない

何を話していいかわからない、というお気持ちの背景には、自分の事情を全て分かり易く説明しなければならないのだ、という意識の高まりがあってのことという場合もあると思います。

せっかくお越しになったのだから、十分に、正確に自分の事情を伝えようとする気持ちになるのも不思議なことではありません。

カウンセリングでは、そのお気持ちにもなるべく沿えるようにしたいと思いますが、それが全てではないことも事実です。上述した内容と重なりますが、言葉を交わした数は少なくとも、やはりお越しいただいた意味があると感じることが多々あります。

少なくとも、安全な場所であることを確認していただけでも意味を感じますし、生活上の変化が生じることさえあると感じています。

→合わせて、安全な場所もご参照ください。